鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

結婚式の費用、 親に頼ってトラブルにならないためには?

   

結婚式の費用、 親に頼ってトラブルにならないためには?

結婚する時の大イベント、結婚式。事前に準備することも多く、結婚式の費用も高額なため、双方のご両親にサポートをお願いするカップルも少なくはないようです。が、その援助でトラブルに巻き込まれてしまう人もいるようです。今回は結婚式の費用と両親からの援助を受ける場合に注意すべきことについて調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

何が書いてある?!病院でもらう診断書の内容はどうなってる?

入学・就職の際などに、健康診断書を持参するようにいわれること...

飼い犬が病気で助からない時は安楽死を選んだらいいの?

助からない病気で愛犬が苦しんでいる姿を見るのは、飼い主には辛...

気分は地中海風?!南欧風の庭に合う植物は何があるの?

庭には、「南欧風」の庭という様式が正式にあるわけでなく、あく...

育休を取っても保育園を継続できる理由は何にする?

育児休暇中は会社を休んでいるため、子供を預けている保育園を退...

犬の散歩にはオシッコを流す水を持ち歩くのがマナーなの?

最近では飼い犬を散歩させる時に、オシッコを洗い流す水をペット...

猫がステロイドを飲む時間は朝がいいの?夜がいいの?

猫は日中に眠ってばかりいますから、夜型だとばかり思っていまし...

夜はナイト困る?!犬を散歩させる時ライトはどうする?

夜に飼い犬を散歩させていると、車や自転車がすぐ脇を通って危な...

犬のバギーは何を選んだらいいの?中型犬用バギーはあるの?

飼い犬が苦しそうだったので、病気かもしれないと急きょ自転車の...

年賀状は旦那の両親に何を書いて出したらいいの?

結婚して夫婦2人ではじめて迎えるお正月は、いろいろとお世話に...

まだ間に合うの?!年末調整の書類を訂正する注意点は何?

年末近くになると職場やバイト先で年末調整を書いて出すようにい...

灯油を服に付けてしまった時は洗濯はどうすればいいの?

寒くなって来たのでストーブを使おうと思い、灯油を入れようとし...

洗濯していい?!ドライセキユ系マークのある服はどうすれば?

衣類によっては取り扱いマークの「水洗い」がバツ印になっていて...

赤ちゃんが犬や猫の動物アレルギーでは?どうすればいい?!

犬や猫などの動物により赤ちゃんが、アレルギー症状を起こす場合...

雨の日も風の日も?!新聞配達のバイトは給料がいいの?

新聞配達のアルバイトは、朝が早いので辛くて大変そうですよね。...

会社が納めなければならない税金を滞納するとどうなるの?

個人が給料を受け取れば、所得税と住民税を納めなくてはなりませ...

ライバルに差が付く?!バスケの練習は家で何ができるの?

家の中となるとバスケットボールの練習は、ドリブルしたりシュー...

スーパーの駐車場で当て逃げされた!対応策は何がいい?

スーパーで買い物を終えて駐車場に置いてある車に戻ってみると、...

スーパーのバイトをすぐにでもやめたい!どうすればいい?

アルバイトをやめたいと思う理由は、時給が安いから、職場の人間...

パートやアルバイトでも有給休暇を取ると給料がもらえるの?

正社員ではなくパートやアルバイトでも半年以上勤務すれば有給休...

20%の利益を上乗せする時の計算はどうすればいいの?

利益を出すとひとくちにいいますが、仕入れた原価に対する利益と...

スポンサーリンク


結婚式の費用、自己負担するのはどのくらい?

婚約からはじまり、挙式・披露宴や新婚旅行——。新生活をスタートさせるまでにかかる結婚総費用は500万円から600万円程度。結婚総費用のうち、挙式・披露宴=結婚式の費用は目安として300万円前後といわれています。

引用元-結婚式の費用、親からの援助は? “誰”が“どれだけ”出すのが正解? | 女子力アップCafe Googirl

支払うのはご祝儀分を引いた「自己負担額」

自分たちの結婚にかかる費用ですから、もちろん基本的には新郎新婦が中心となって支払います。ただ、結婚式の費用・約300万円をすべて負担するわけではありません。結婚式に招待されたゲストはご祝儀を包んで訪れます。ご祝儀はまとまった額になるので、それを挙式・披露宴の費用にあてることができます。つまり、結婚式場に支払うお金は挙式・披露宴費用よりも実質少なくてすむのです。

ご祝儀額の計算方法
友人や同僚は1人あたり平均3万円、親族や上司は平均5万円。それぞれの金額を人数分かけ算したものがご祝儀額となります。

「挙式・披露宴費用」−「ご祝儀額」=「自己負担額」
挙式・披露宴費用からご祝儀額を引いたものが自己負担額となります。算出された自己負担額と結婚式以外にかかる費用を、新郎新婦の貯金と親からの援助でまかないましょう。ちなみに、自己負担額は100万円前後になることが多い様子。結婚式以外の費用と合わせて300万円から400万円を負担することになるわけです。

引用元-結婚式の費用、親からの援助は? “誰”が“どれだけ”出すのが正解? | 女子力アップCafe Googirl

実際の結婚式の費用、親からの援助はどのくらいあった?

実際に親からの援助はいくらぐらいなのかをデータを基に見ていきましょう。

Q.1 親からの援助はあった?
・YES. 70%
・NO. ?30%

Q.2 親援助はいくら?
・100万円未満 29%
・100万〜200万円未満 37%
・200万〜300万円未満 21%
・300万〜400万円未満 7%
・400万円以上 6%

親の援助額は平均158万円という結果があります。

引用元-【注意】結婚式費用の親の負担割合は新郎・新婦側どちらが多い? | 結婚Info〜マリアージュの森〜

結婚式費用、両家でどんな風に負担してるの?

「招待客+残りは折半」で算出するのが主流
一般的にはお料理や引き出物などお互いの招待人数がハッキリしている物については人数割にし、演出やアルバムなど2人のものは折半、衣装代や各自のものはそれぞれで支払うという形式が主流のようです。
人数で割るものと、折半と、各自で支払うものの3種類を行わなければならず、面倒な気もしますが、後々にもめないようにするためには、この方法が一番よいでしょう。
なお、ご親族からいただくご祝儀は、一旦ご両親に確認してもらってから、改めて新郎新婦で支払うようにしましょう。なぜなら、新郎新婦の披露宴にいらっしゃる親族の方は、新郎新婦のためだけにくるのではなく、ご両親のお付き合いがあったからこそ来て下さいます。
ですから、親族からのご祝儀は、ご両親のおかげでいただいたということを忘れないようにしましょう。

引用元-結婚式の費用を2人で割る時に、負担額を上手に決める7つの方法☆ – マナーの虎☆

お金の話:結婚式の費用、親に頼ったら贈与税はどうなる?

結婚式の費用について、親の援助に頼るか頼らないかで迷っている方に、参考にしてほしい情報があります。
それは相続税・贈与税に関すること。結婚式の援助はかなり高額になるわけですから、祖贈与税がかかるかどうか、知っておく必要があります。一方、2015年1月から相続税が引き上げられ、節税のために「結婚式などの機会を利用して、子供に資産を渡しておこう」と関心を寄せるシニアも増えてきています。
ちなみに、特に理由もなく両親から資金の援助を受ける場合、贈与税の対象にならないのは年間110万円まで。それ以上の資金援助を受けると贈与税の対象になりますが、結婚式を開くとなると110万円以上の援助を受けているケースもあることでしょう。
そんな結婚式に関わる資金援助ですが、「生活費や教育費に充てるために取得した財産で、通常必要と認められるもの」とみなされるため、贈与税の課税対象外になりますのでご安心を。ただし、「結婚祝いとして自動車やマンションを購入してもらった」という場合は課税される可能性大なので、確認が必要です。

引用元-結婚式費用、親に頼った? 頼る派・頼らない派の意見は

費用を親に援助してもらったら、こんなトラブルに(実例)

私たちらしい式を挙げたかったので、二人の貯蓄でできるプランを考えていましたが、途中から夫の母が打ち合わせに同席するようになり「うちが援助するから」言って聞かず、ド派手な演出プランを追加することに…。
いま、ふり返っても「あれは義母のための式だったな」と思うくらい、私たちがイメージしていた結婚式とは、まったく違う雰囲気になってしまいました。
「援助する」と言われたときに、きっちりお断りしておけばよかったと後悔しています。

引用元-【結婚式の費用特集】親が資金援助してくれたカップルの体験談

私は家族だけの式でいいと思っていましたし、夫も同じ考えでした。
ただ、憧れのブランドがあったので、ドレスだけは心から満足できる一着を選びたかったのです。
しかし、新郎側の両親が「ドレスにお金を使うのは無駄。それより、ゲストを大勢招く方が大切!」という考えだったので、私の選んだドレスにもケチをつけ、料理なども節約するように言われました。
さらに、夫の両親が遠い親戚まで勝手に招待してしまったので、広い会場に変更しないといけなくなりました。その差額は夫の両親が負担しましたが、私たちの結婚式というより、親戚の集まりのような宴会になってしまい、悲しくなりました。

引用元-【結婚式の費用特集】親が資金援助してくれたカップルの体験談

まとめ

結婚式に関する費用を親に援助してもらう、というカップルは多いようですが、「費用の負担の割合でトラブル」「親が勝手に結婚式の内容に口出ししてくる」というトラブルが起きてしまうことも考えておかなければならないようです。あくまでも結婚式の主役は結婚するカップル。悲しいお式にならないように両家でしっかりと話し合いを持ったほうがよさそうです。

twitterの反応

 - 人生 社会

ページ
上部へ