鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

4ヶ月の赤ちゃんの生活リズムについて

   

4ヶ月の赤ちゃんの生活リズムについて

赤ちゃんが生後4ヶ月の頃にはママも育児にはだいぶ慣れてきて、少し楽になったと感じるママが多いと思います。生活リズムもだんだん整えられるといいですね。4ヶ月の赤ちゃんの様子や生活リズムについて調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

副交感神経が優位になると気管支の状態はどうなるのか?

そもそも副交感神経が優位になるとはどういった状態でしょう?自...

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

生理予定日を過ぎて妊娠検査薬は使える?陰性と陽性の判断は

妊娠を希望していると妊娠しているかどうか早く妊娠検査薬を使い...

母子家庭で子供がアルバイトする場合の注意点は何?

父子家庭よりも母子家庭の方が多い理由は、離婚により母親が親権...

病院で「大切な証明書」である診断書がもらえない

誰だって好きで風邪をこじらせたり、精神面を患ったりしているワ...

男性用スカートは民族衣装だけ?おしゃれなの履き方と体験談

男性がスカートを履くとおかしい?伝統衣装のキルトスカートは男...

人が死ぬ前に感じる予感や予兆の3パターン

知ってる人が死ぬかもしれないといった予感や死ぬ直前の予兆を知...

親の介護が必要になったら姉妹の場合どうしたらいい?

自分も年をとりますが、当然親も年をとります。いずれは親の介護...

落ち込んだ時に聴くだけで実現?恋が叶う音楽?!

「○○の曲を聴いたら両思いになれる!」とか「○○の曲を着信音...

住所の丁目の漢字の部分「郵便」と「公的文書」は違う

「町丁名」って聞いたことありますか?住所の丁目の部分が漢数字...

「住所の構造には意味がある」住所の丁目と番地と号

住所を書く時に省略していることってありませんか?例えば○丁目...

基本は『家族で移動』本籍地の転籍と住所の地番と番地

本籍地は転籍自由で国内どこに置いても問題がありません。ただし...

「遠方のサイトのない店で買い物」現金の郵送を着払いで?

買い物を通販でする時、店が送料を負担してくれる場合があります...

犬用ステロイド注射の副作用&注意点と病気に対する効果

犬の病気治療などに使われるステロイド注射。どんな効果があって...

灼熱の金魚注意報?!水槽の水温を下げるにはどうしたらいい?

暑い夏、涼しげな水の中で気持ちよく泳いでいるかと思えばわが家...

極寒の金魚注意報?!水槽の水温はヒーターで調節した方が?

金魚は冬になると冬眠をするので、それに備えるため秋はエサをし...

『迷う転籍』本籍と住所が違うと手間取る手続き〜

就職すると同時に県外に転出した人の場合、本籍地を就職先の県に...

仮病・アリバイ工作厳禁!一週間入院する病気には何がある?

病気で入院や手術をしなければならないことは、誰にでも起こり得...

がま口、長財布を買い替えよう!人気のブランドは?!

がま口や長財布、二つ折り財布といろいろあるけれど、新年に今ま...

スポンサーリンク


4ヶ月の赤ちゃん:身長・体重

首がすわったり体重も出生時より倍以上になったりする生後4ヶ月は、周りの赤ちゃんとの差も出てくるころ。
平均的なサイズとしては、男の子の場合、身長は約60cm〜68.5cm、体重は約5.7kg〜8.7kgです。
女の子の場合はは、身長が約58.2〜66.8cm、体重は約5.5kg〜8.2kgになります。
ただし、それぞれの赤ちゃんの授乳量や発育のペースなどに違いがあるため、同じ時期に生まれた赤ちゃんでも、一回りサイズが違うことがあります。
大切なのは、平均値に該当しているかどうかということではなく、その子にとって最適な成長ペースかどうかということです。明らかに成長がスローペースだと感じたときは、定期検診でお医者さんに訪ねてみると良いでしょう。

引用元-生後4ヶ月赤ちゃんの成長と育児で知っておきたいこと | アカイク

4ヶ月の赤ちゃん:生活リズム

4ヶ月頃の赤ちゃんの様子
4ヶ月頃の赤ちゃんは夜になると大体決まった時間に眠くなり、まとめて眠れるようになることも増えますが、母乳の赤ちゃんはまだ夜中に何度か起きることもあります。授乳のリズムが整ってくるのでママは楽になってきます。赤ちゃんは吸啜力(吸う力)が強くなるので授乳時間が短くなり、一度にたくさん飲めるようになるので授乳回数も5〜6回くらいになります。

4ヶ月頃の赤ちゃんの生活
4ヶ月頃の赤ちゃんの昼寝は午前と午後に1回ずつする子が多いです。睡眠のリズムが定まらないときは、朝起きる時間や授乳時間、お風呂の時間を毎日同じ時間にしてみましょう。生活リズムや睡眠時間は赤ちゃんによって違うので、タイミングが合わないときは赤ちゃんの様子を見ながら少しずつ変えるようにします。生活にリズムがつくとママも楽になります。4ヶ月頃の赤ちゃんは首がすわり視野も広がるので、天気の良い日は散歩に行き外の風景をたくさん見せてあげましょう。
赤ちゃんの視力や手足の動きが発達しおもちゃで遊ぶことがだんだん増えるので、一人で遊ぶ時間が増えます。まだ自分で体を動かすことができないので、周りにおもちゃがなくなったり飽きたりすると、甘え泣きでママを呼ぶこともあります。

引用元-4ヶ月頃の赤ちゃんの様子-ママベビ

4ヶ月の赤ちゃん:生活リズムの整え方

夜にまとまって寝て、昼間は起きている時間が長くなってきたら、昼と夜のリズムが整いつつあります。意識してメリハリをつけ、規則正しいリズムでの生活を心がけて。1日1回30分程度の散歩や、室内遊びで体力を使い、寝る1時間くらい前には入浴する習慣をつけると、早寝早起きのリズムが作りやすくなります。大人のペースに合わせると、どうしてもリズムが乱れてしまうので、赤ちゃんの生活リズムを最優先に考えて生活することが大切です。

4〜5カ月ごろの1日の様子
<おふろ>散歩に出かけると適度に汗もかきます。1日1回、おふろに入れて湯船につかるのは3分を目安に。毎日同じくらいの時間に入れることを基本に。寝かせたい時間の直前だと、かえって目が覚めてしまうため、1時間前には済ませて。

<散歩・遊び>散歩は赤ちゃんの五感を刺激し、適度な疲れで夜にぐっすり眠れるという効果も。午前中の過ごしやすい時間に、30分ほどを目安に出かけて。また、室内ではおもちゃを使ったり、スキンシップをとってたくさん遊んであげましょう。

<ねんね>個人差はありますが、夜中の授乳なしで朝まで起きずに眠る子も見られるように。朝は部屋を明るくし、日中はたくさんスキンシップをとって。夜寝かしつけるときは室内の照明を落として静かに過ごし、早めのねんねを心がけて。

<飲む・食べる>1日の授乳回数は4時間おきで、6回くらいが目安。でも、まだ夜中に何度か授乳が必要な子も。おふろ上がりの水分補給は基本にはおっぱい・ミルクで。ミルクの場合、1日の規定量をオーバーしてしまうなら湯ざましや麦茶に。

引用元-赤ちゃんの生活リズムを整えよう<育児4カ月>|【たまひよnet】

4ヶ月の赤ちゃん:食事

完全母乳は欲しがるだけ与えても大丈夫です。混合の場合は先におっぱいを欲しがるだけ与えてからミルクを足してくださいね。ミルクの場合は1日に5回〜6回が目安です。ミルクは与えすぎると胃腸に負担がかかるので、ミルク缶記載の量を飲ませるようにしてくださいね。
月齢が進むにしたがって、身長や体重の体の大きさはもちろんのこと、いろいろな面でその子なりの個性が強く出てくる頃です。自分で飲む量をコントロールできるようになり母乳やミルクの飲み方にも個人差が出てきます。

離乳食はまだまだ先!果汁はいりません
4ヶ月に入ると年配の方から「果汁はあげないの?」と言われることが多いと思います。昔の育児書には離乳食準備期があり、この時期から果汁を与えていましたが、現在は果汁は必要ありません。
2007年に厚生労働省が発表した離乳の支援ガイドによると、この時期に果汁を与えることによって母乳やミルクの摂取量が減り、かえって栄養不足が懸念されるようです。
離乳食に関しては昔と考え方が違ってきています。5ヶ月から推奨されていた離乳食の開始も5ヶ月〜6ヶ月推奨となりましたし、WHOも6ヶ月を推奨していますね。周りから果汁を勧められても焦らないで大丈夫です。
白湯で水分補給しなくても大丈夫なの?と思いがちですが、この時期の赤ちゃんは母乳やミルクで水分は取れています。
さまざまな意見があり、悩むママさんが多いのが白湯です。結論から言えば、白湯は必要ありません。昔はお風呂上りに水分補給と言われた時期もありましたが、現在では水分補給は母やミルクで足りるとされています。白湯を飲むことでミルクを飲まずに体重が増えなくなるという可能性もあります。

引用元-生後4ヶ月|赤ちゃんの体重、授乳間隔、生活リズムは?首すわり完成!|cozre[コズレ] 子育てマガジン

4ヶ月の赤ちゃん:理想の生活リズム

赤ちゃんの生活リズムは親次第でどんどん変化していきます。
早寝早起きを心がけていれば当然しっかりしたリズムになりますし、逆に遅寝遅起きになると昼夜の区別がつかなくなることもあるようです。
まずはお手本に近い?生後4ヶ月〜5ヶ月の赤ちゃんの生活リズムスケジュールを見てみましょう。
※参照「ひよこクラブ」

・7時…起床
・8時…授乳1回目
・11時〜12時…授乳2回目
・午前中…30分ほどの散歩
・12時〜14時…お昼寝
・14時〜16時…室内遊び・授乳3回目
・16時〜18時…お昼寝
・18時〜20時…お風呂・授乳4回目
・20時〜22時…就寝1回目
・22時〜23時…授乳5回目
・23時〜3時…就寝2回目
・3時〜4時…授乳6回目
・4時〜7時…就寝3回目

もちろん個人差はありますが、この生活リズムに近づけてあげるのが理想だと思います。

引用元-赤ちゃんをお手本のような生活リズムに整える4つのポイント | 赤ちゃん×育児ママ×イクメンライフ | リアル・ベビー365日

まとめ


生活リズムが整うと今後の離乳食や睡眠なども予定が立ちやすくなるようです。できればパパの帰りを待ってお風呂に入れるよりいつも同じ時間に入れて、赤ちゃんの生活に親が合わせてあげましょう。

twitterの反応


https://twitter.com/mana___89/status/776683995333402624

 - 学問 教育 子育て

ページ
上部へ