鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

耳と肩が関係するの?耳の違和感の原因は「肩こり」?!

   

耳と肩が関係するの?耳の違和感の原因は「肩こり」?!

耳に違和感があるのに原因が良くわからないなんてこと経験したことがありますか?肩こりがあまりに慢性化すると、耳に違和感を感じることもあるので、注意が必要です。今回は、耳の違和感と肩こりについてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

何が書いてある?!病院でもらう診断書の内容はどうなってる?

入学・就職の際などに、健康診断書を持参するようにいわれること...

飼い犬が病気で助からない時は安楽死を選んだらいいの?

助からない病気で愛犬が苦しんでいる姿を見るのは、飼い主には辛...

気分は地中海風?!南欧風の庭に合う植物は何があるの?

庭には、「南欧風」の庭という様式が正式にあるわけでなく、あく...

育休を取っても保育園を継続できる理由は何にする?

育児休暇中は会社を休んでいるため、子供を預けている保育園を退...

犬の散歩にはオシッコを流す水を持ち歩くのがマナーなの?

最近では飼い犬を散歩させる時に、オシッコを洗い流す水をペット...

猫がステロイドを飲む時間は朝がいいの?夜がいいの?

猫は日中に眠ってばかりいますから、夜型だとばかり思っていまし...

夜はナイト困る?!犬を散歩させる時ライトはどうする?

夜に飼い犬を散歩させていると、車や自転車がすぐ脇を通って危な...

犬のバギーは何を選んだらいいの?中型犬用バギーはあるの?

飼い犬が苦しそうだったので、病気かもしれないと急きょ自転車の...

年賀状は旦那の両親に何を書いて出したらいいの?

結婚して夫婦2人ではじめて迎えるお正月は、いろいろとお世話に...

まだ間に合うの?!年末調整の書類を訂正する注意点は何?

年末近くになると職場やバイト先で年末調整を書いて出すようにい...

灯油を服に付けてしまった時は洗濯はどうすればいいの?

寒くなって来たのでストーブを使おうと思い、灯油を入れようとし...

洗濯していい?!ドライセキユ系マークのある服はどうすれば?

衣類によっては取り扱いマークの「水洗い」がバツ印になっていて...

赤ちゃんが犬や猫の動物アレルギーでは?どうすればいい?!

犬や猫などの動物により赤ちゃんが、アレルギー症状を起こす場合...

雨の日も風の日も?!新聞配達のバイトは給料がいいの?

新聞配達のアルバイトは、朝が早いので辛くて大変そうですよね。...

会社が納めなければならない税金を滞納するとどうなるの?

個人が給料を受け取れば、所得税と住民税を納めなくてはなりませ...

ライバルに差が付く?!バスケの練習は家で何ができるの?

家の中となるとバスケットボールの練習は、ドリブルしたりシュー...

スーパーの駐車場で当て逃げされた!対応策は何がいい?

スーパーで買い物を終えて駐車場に置いてある車に戻ってみると、...

スーパーのバイトをすぐにでもやめたい!どうすればいい?

アルバイトをやめたいと思う理由は、時給が安いから、職場の人間...

パートやアルバイトでも有給休暇を取ると給料がもらえるの?

正社員ではなくパートやアルバイトでも半年以上勤務すれば有給休...

20%の利益を上乗せする時の計算はどうすればいいの?

利益を出すとひとくちにいいますが、仕入れた原価に対する利益と...

スポンサーリンク


耳の違和感|肩こりや首の腫れが原因

意外に思うかもしれませんが、肩から首にかけての筋肉は耳にまでつながっているので、肩こりや首筋が腫れたりすることで耳まで痛く感じることがあります。
長時間にわたり同じ姿勢を続けたり、首を同じ角度で保つようなことが長時間続く場合の耳の痛みはこの可能性が高いでしょう。

対処法は、とにかく首筋周りや肩周りのこりをとることです。筋肉の緊張をほぐすことが優先です。それでも痛みが取れない場合は対応の医療機関への受診をオススメします。

引用元-耳の奥が痛い原因とは?頭痛や肩こりがある場合は要注意! | Hapila(ハピラ)

耳の違和感の原因は肩こりから

40代後半男性コンサルタントの方が、肩こり、左耳の後ろの違和感、胃腸の不調を訴え来院。
肩こりは昔からでここ最近ひどい。耳の後ろの違和感もここ二週間くらい強く感じている。

引用元-肩こり 耳の後ろの違和感 胃腸の不調 | ウェルビースパイン名古屋(名古屋市千種区本山駅0分)

・座る姿勢で背中をかなり丸めている
・首から肩への筋肉の緊張が高い
・鎖骨や胸骨から耳の後ろについている筋肉が押すと痛い
・背中が丸くなっているため、内臓への負担がかかる&下垂しやすい

引用元-肩こり 耳の後ろの違和感 胃腸の不調 | ウェルビースパイン名古屋(名古屋市千種区本山駅0分)

この方の場合、背中の丸まった姿勢が全てだったと思います。背中が丸くなりすぎれば、背骨の動きが硬くなり、背骨を立てたり反らしたりすることがきつくなります。
また、バランスを取るために頭は前方へと移動しますので、頭を支えている首の筋肉への負担が増え、それが肩こりや耳の後ろの違和感につながります。

引用元-肩こり 耳の後ろの違和感 胃腸の不調 | ウェルビースパイン名古屋(名古屋市千種区本山駅0分)

耳の違和感|肩こり悪化で血流が悪い

先日、足つぼをさせていただいた女性の方のお悩みはひどい肩と首のこりと、ここ1ヶ月ほど続いている耳の違和感。
足つぼとともに、手と首・肩まわりのマッサージもさせていただいたのですが、肩まわりにいたってはホントに頑固なこりで、思わず「うわっ」て言ってしまうほどでした。

引用元-肩こりで耳に違和感?|足つぼ屋のつぶやき

耳の中には、耳管という耳と鼻をつないでいる鼓膜の圧を調整する器官があるのですが、その部分がなんらかの影響でうまく働かなくなっているのだと思われます。
この耳管の働きに大きな影響をしているのが血流です。耳管周囲の血流が悪くなると、耳管の粘膜が薄くなり本来の機能を果たしにくくなるそうです。

引用元-肩こりで耳に違和感?|足つぼ屋のつぶやき

この耳の違和感には、肩と首のこりが大きく影響していると思います。肩と首の筋肉が緊張することで、そこを通っている血管が圧迫されてしまい血流を悪くしてしまいます。
耳の不調と肩や首のこりがセットになっている場合は、肩や首のこりをいかに緩和させるかも重要になってくると思います。
肩や首のこりは血流不足により、どんどん悪化してしまいます。足つぼをすることで、足から血流を促進することは首や肩のこりの緩和にも役立つと思います。
なお、耳の不調を放置すると耳が聞こえにくくなったりする場合もありますので、お早めに専門のお医者さんでみていただくことをおすすめします。

引用元-肩こりで耳に違和感?|足つぼ屋のつぶやき

耳の違和感どころか難聴に|肩こりが原因

突発性難聴は、早期の発見、早期の治療が大切です。

発症してから2週間以内に治療を始めないと、回復が難しいと言われる病気でもあるのです。
病気はどんな病気でもそうですが、症状が重くなれば、治癒率は徐々に低下していきます。
難聴も、その病気の一つです。
気づいた時に病院に行き適切な治療を開始しなければ、それだけ回復が遅れ、治療が長引く恐れがあるのです。
ちなみに、難聴には、全く聞こえないという重症のものから少し聞こえにくいかなと感じる軽度のものまで様々。
ただ、難聴に激しいめまいを伴っていた場合は、かなり重症の状態となっていますので、早めに医師の診察を受けることをおすすめします。
この難聴が、肩こりと大きな関係があることをご存知でしょうか?
肩こりは肩の周辺にこりや痛みがある場合が多いのですが、肩だけでなく、首や背中周辺にまで及ぶことも少なくありません。
また、肩こりには、頭痛を伴う症状がありますが、単なる頭痛の場合と、側頭部の血行不良が原因の頭痛があり、側頭部に痛みがある場合は、耳管狭窄を疑いましょう。

引用元-肩こりと難聴は関係ありますか?

疲労が溜まり、血液の流れが悪くなり、それが原因で突発性難聴を発症することに(><)
ちょっと聞こえにくいかなと感じた時は、早めに医師の診察を受けることをおすすめします。

引用元-肩こりと難聴は関係ありますか?

耳の違和感は肩こりが原因|対策は?

肩の近くを通る血管や神経の中には、耳の神経をつかさどるものも少なくありません。
そのため、血流が悪くなることによって耳の神経などにも酸素を適量送り込むことが難しくなり、結果として違和感を感じたり耳の聞こえに影響を及ぼすこともあります。
対策としては、毎日入浴をすること、ストレッチを行うことによって、定期的に血液の流れを活性化して、耳の神経に適切な酸素を送り込むことだといわれているのです。
適切に酸素を送り込むことによって、正常に機能し続けるといわれています。
毎日勉強の合間や仕事の合間に肩や腕を動かすストレッチを行うことによって、肩こりの原因対策にもつながるのです。
毎日少しずつ行うことで、違和感が少しずつ解消される可能性も高いといわれています。

引用元-耳に違和感を感じる原因のひとつが肩こり

まとめ

仕事や受験勉強などによって過度の緊張状態を長時間続けている肩の筋肉をはじめ首の筋肉、背中の筋肉などが疲労しすぎた結果、肩こりが慢性化することが少なくありません。筋肉の緊張状態が続いた結果、付近を通る血管の血流にも悪影響をもたらし、症状が悪化することもあるのです。ただの「肩こり」だからといって侮れませんね。

twitterの反応

 - 健康 美容

ページ
上部へ