鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

「ここまで出来るビジネス」会社のFacebook登録で

      2017/03/31

「ここまで出来るビジネス」会社のFacebook登録で

Facebookには個人単位で利用する際の「個人アカウント」と、企業やブランドなど会社単位で利用する「Facebookページ」の2種類があります。見た目などは似ていますが、使用出来る機能やサービスに大きな違いがあります。まずはビジネスアカウントに登録するところから始まります。今回は、会社のFacebook登録についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

何が書いてある?!病院でもらう診断書の内容はどうなってる?

入学・就職の際などに、健康診断書を持参するようにいわれること...

飼い犬が病気で助からない時は安楽死を選んだらいいの?

助からない病気で愛犬が苦しんでいる姿を見るのは、飼い主には辛...

気分は地中海風?!南欧風の庭に合う植物は何があるの?

庭には、「南欧風」の庭という様式が正式にあるわけでなく、あく...

育休を取っても保育園を継続できる理由は何にする?

育児休暇中は会社を休んでいるため、子供を預けている保育園を退...

犬の散歩にはオシッコを流す水を持ち歩くのがマナーなの?

最近では飼い犬を散歩させる時に、オシッコを洗い流す水をペット...

猫がステロイドを飲む時間は朝がいいの?夜がいいの?

猫は日中に眠ってばかりいますから、夜型だとばかり思っていまし...

夜はナイト困る?!犬を散歩させる時ライトはどうする?

夜に飼い犬を散歩させていると、車や自転車がすぐ脇を通って危な...

犬のバギーは何を選んだらいいの?中型犬用バギーはあるの?

飼い犬が苦しそうだったので、病気かもしれないと急きょ自転車の...

年賀状は旦那の両親に何を書いて出したらいいの?

結婚して夫婦2人ではじめて迎えるお正月は、いろいろとお世話に...

まだ間に合うの?!年末調整の書類を訂正する注意点は何?

年末近くになると職場やバイト先で年末調整を書いて出すようにい...

灯油を服に付けてしまった時は洗濯はどうすればいいの?

寒くなって来たのでストーブを使おうと思い、灯油を入れようとし...

洗濯していい?!ドライセキユ系マークのある服はどうすれば?

衣類によっては取り扱いマークの「水洗い」がバツ印になっていて...

赤ちゃんが犬や猫の動物アレルギーでは?どうすればいい?!

犬や猫などの動物により赤ちゃんが、アレルギー症状を起こす場合...

雨の日も風の日も?!新聞配達のバイトは給料がいいの?

新聞配達のアルバイトは、朝が早いので辛くて大変そうですよね。...

会社が納めなければならない税金を滞納するとどうなるの?

個人が給料を受け取れば、所得税と住民税を納めなくてはなりませ...

ライバルに差が付く?!バスケの練習は家で何ができるの?

家の中となるとバスケットボールの練習は、ドリブルしたりシュー...

スーパーの駐車場で当て逃げされた!対応策は何がいい?

スーパーで買い物を終えて駐車場に置いてある車に戻ってみると、...

スーパーのバイトをすぐにでもやめたい!どうすればいい?

アルバイトをやめたいと思う理由は、時給が安いから、職場の人間...

パートやアルバイトでも有給休暇を取ると給料がもらえるの?

正社員ではなくパートやアルバイトでも半年以上勤務すれば有給休...

20%の利益を上乗せする時の計算はどうすればいいの?

利益を出すとひとくちにいいますが、仕入れた原価に対する利益と...

スポンサーリンク


会社のFacebookの登録で顧客に発信

あなたの企業やお店はお客様と交流するための場所を持っていますか?様々な情報が溢れる現代、テレビCMや広告に代表される”一方通行的な宣伝”は莫大な費用が発生するうえにその費用対効果は薄いと言われています。
ではどうすれば大きな費用を掛けずに認知向上や集客向上をすることが出来るのでしょうか。
その方法の一つに「コンテンツマーケティング」があります。お客様の役に立つ良質なコンテンツを継続的に配信し、相互的なコミュニケーションを取ることでファンの取り込みや安定した集客を実現するマーケティングのことです。

引用元-Facebookページとは?企業が活用するメリットとデメリット

Facebookページとは「企業やブランドがお客様と相互的なコミュニケーションを取る場所」のことです。
例えばあるファッションブランドが自社のFacebookページを持っているとします。そして新商品を発売したら自社のFacebookページに新商品に関する情報を配信します。
するとそれを見つけたあるお客様が「この新商品は可愛くておしゃれ!すぐ買いたい!」とコメントをします。これがお客様との相互的なコミュニケーションで、これを活性化することが出来るのがFacebookページなのです。

引用元-Facebookページとは?企業が活用するメリットとデメリット

会社のFacebookの登録のメリット

Facebookは情報の拡散性が強いと言われています。
それは、twitterと同様に、情報を「受け取る」のと「拡散させる」という2つの動きを同じ場所で出来るからです。

引用元-企業がFacebookを使う10個のメリット、まとめ

個人的には、twitterよりもFacebookのほうが拡散性が強いと思っています。
それはなぜか?
・情報が滞留しやすい。(=長時間表示されやすい。)
・見て貰える確率が高い。(=エッジランクがあり、フォロー数(友達数)もFacebookのほうが格段に少ないため)
この2つが理由です。
「受け取る」・「拡散させる」機能が同じ場所にあるというのは、twitterと同じですが、この2つの理由のおかげで、一人一人に情報を届けた後の拡散性はFacebookのほうが明らかに高くなります。

引用元-企業がFacebookを使う10個のメリット、まとめ

ニールセンの調査「広告形態別の信頼度 2009年4月」によると、最も信頼のおける情報は「知人からの情報 90%」で、次が「ネット上の口コミ 70%」でした。
当たり前ですが、他人の「口コミ」よりも、「知人からの紹介」のほうが信頼度が高いのです。
企業から一方的に情報を伝えるだけではなく、「いいね!」「コメント」「シェア」といった機能を介し、「知人からの紹介」という形で情報が広がるFacebook。
これは企業にとって、とても大きなメリットです。

引用元-企業がFacebookを使う10個のメリット、まとめ

会社がFacebookの登録をすると

Facebookは個人はもちろん法人であっても無料で利用することができるSNSです。
開設費用だけでなく月額費用なども一切かかりません。

引用元-Facebookを活用するメリットとデメリット|クラウド比較

Facebookを利用したことがある方はご存知かもしれませんが、Facebookはメッセージを投稿するだけで、新しいメッセージが投稿されたことがファンに通知されます(ウォール投稿)。この通知されると言うことがとても重要です。
以前企業の宣伝としてよく使われていたブログの場合は、投稿してもファンには通知されません。つまり、閲覧者がブログを見に来ない限りその告知や宣伝を知ることはできません。
メルマガという方法もありますが、ある程度まとった人数がいる場合は配信システムを有料で使う必要があります。またFacebookはファンの数の約50%※が見てくれるのに対し、メルマガの開封率は良いものでも15%程度とも言われています。
※投稿する内容やファンの数によって大きく変動します。
さらにFacebookの場合、通知する相手を年齢や性別、地域、学歴などでセグメントすることもできます。

引用元-Facebookを活用するメリットとデメリット|クラウド比較

Facebookは投稿したメッセージに対してコメントをもらうことができます。
またコメントを貰うだけでなく、Facebookアプリを使うことでアンケートをとったり、サンプリングを行ったりすることも可能です。

引用元-Facebookを活用するメリットとデメリット|クラウド比較

会社のFacebook登録でコレは止めてほしい

大企業から中小企業までFacebook登録が増えています。
その中で、ビジネス上のFacebook使用に関して、特に中小企業・自営業において、Facebookの規約違反を含む、初歩的なミスが未だに数多く見られます。

引用元-ご注意を!Facebook初心者の中小企業のミス、ワースト3 | Hachien channel

FacebookのIDは2つの種類があります。

・個人アカウント・・・1人1つしか所有できない、個人が実名で持つID。友達とつながるなど、通常使われるのはこちら
・ビジネスアカウント・・・個人アカウントを持たずにFacebookページを管理する為だけにある、友達とつながる機能がない、ビジネス専用のIDの

個人アカウントを企業名や商品・サービス名で登録することはできません。しかし、よくわからずに、事業や店の名前で、個人アカウントを登録してしまった企業や団体が数多く見られます。

引用元-ご注意を!Facebook初心者の中小企業のミス、ワースト3 | Hachien channel

もし貴社のFacebookページが、一生懸命に更新をしている関わらず、いいね!やコメントなどの反響が得られないのであれば、おそらく、宣伝や広告ばかりで内容がつまらないからです。
そもそも、Facebookページを読むことを目的としている、Facebookユーザーは、全体でたったの2%のみ。つまり、宣伝や広告ばかりの企業Facebookページは、多くのユーザーにとって不要な存在である事に気付くべきです。

引用元-ご注意を!Facebook初心者の中小企業のミス、ワースト3 | Hachien channel

会社でFacebookに登録して広告を出すと

パソコン版のFacebookにFacebook広告を出稿した場合は主に
・左側のタイムライン(ニュースフィード)
・右側 の2か所に表示されます。
タイムライン(ニュースフィード)へ あなたの広告が露出できて ユーザーが普段目にする位置に 広告を表示させて訴求する事が可能なため、CTR※(クリック率)も比較的高く、認知させるための効果は抜群です。

引用元-【2016年版】今さら聞けないFacebook広告 基礎編!-前編-| Webディレクターマガジン

Facebook広告はAdwords広告を使うより英語の悩みや興味属性をもった ユーザーに対して1クリック約32分の1の予算で広告を出稿する事が可能です。
つまり従来Googleのアドワーズ広告で英語に興味がある、英語に対して悩みのある 『英語教室 東京』というキーワードの属性のアクセスを 1,000アクセス集める為には523円×1,000アクセス=523,000円必要です。
しかしFacebook広告であれば 英語に興味があるユーザーから 1,000アクセス集めても16円×1,000=16,000円しかかからないのです。
つまり同じ属性を持つユーザーからのアクセスを集めるにしてもFacebook広告なら同じ予算で約32倍のアクセスを集める事が可能という事です。

引用元-【2016年版】今さら聞けないFacebook広告 基礎編!-前編-| Webディレクターマガジン

まとめ

Facebookページはビジネスのオンラインにおける活動拠点となり、関心を持った人々との交流の場にもなります。これからはあなたの会社が待つのではなく、こちらから広告でリーチして新しいパワーとしてみてはどうでしょうか。

twitterの反応


https://twitter.com/oqqXD7UIJNCQkxs/status/782347818157559808

 - 仕事 経済

ページ
上部へ