鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

子供が言葉に詰まる吃音とその対処法

   

子供が言葉に詰まる吃音とその対処法

子供が急に言葉に詰まるようになったら不安ですよね。今回は、「吃音」の症状や原因、対処法までを調べてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

何が書いてある?!病院でもらう診断書の内容はどうなってる?

入学・就職の際などに、健康診断書を持参するようにいわれること...

飼い犬が病気で助からない時は安楽死を選んだらいいの?

助からない病気で愛犬が苦しんでいる姿を見るのは、飼い主には辛...

気分は地中海風?!南欧風の庭に合う植物は何があるの?

庭には、「南欧風」の庭という様式が正式にあるわけでなく、あく...

育休を取っても保育園を継続できる理由は何にする?

育児休暇中は会社を休んでいるため、子供を預けている保育園を退...

犬の散歩にはオシッコを流す水を持ち歩くのがマナーなの?

最近では飼い犬を散歩させる時に、オシッコを洗い流す水をペット...

猫がステロイドを飲む時間は朝がいいの?夜がいいの?

猫は日中に眠ってばかりいますから、夜型だとばかり思っていまし...

夜はナイト困る?!犬を散歩させる時ライトはどうする?

夜に飼い犬を散歩させていると、車や自転車がすぐ脇を通って危な...

犬のバギーは何を選んだらいいの?中型犬用バギーはあるの?

飼い犬が苦しそうだったので、病気かもしれないと急きょ自転車の...

年賀状は旦那の両親に何を書いて出したらいいの?

結婚して夫婦2人ではじめて迎えるお正月は、いろいろとお世話に...

まだ間に合うの?!年末調整の書類を訂正する注意点は何?

年末近くになると職場やバイト先で年末調整を書いて出すようにい...

灯油を服に付けてしまった時は洗濯はどうすればいいの?

寒くなって来たのでストーブを使おうと思い、灯油を入れようとし...

洗濯していい?!ドライセキユ系マークのある服はどうすれば?

衣類によっては取り扱いマークの「水洗い」がバツ印になっていて...

赤ちゃんが犬や猫の動物アレルギーでは?どうすればいい?!

犬や猫などの動物により赤ちゃんが、アレルギー症状を起こす場合...

雨の日も風の日も?!新聞配達のバイトは給料がいいの?

新聞配達のアルバイトは、朝が早いので辛くて大変そうですよね。...

会社が納めなければならない税金を滞納するとどうなるの?

個人が給料を受け取れば、所得税と住民税を納めなくてはなりませ...

ライバルに差が付く?!バスケの練習は家で何ができるの?

家の中となるとバスケットボールの練習は、ドリブルしたりシュー...

スーパーの駐車場で当て逃げされた!対応策は何がいい?

スーパーで買い物を終えて駐車場に置いてある車に戻ってみると、...

スーパーのバイトをすぐにでもやめたい!どうすればいい?

アルバイトをやめたいと思う理由は、時給が安いから、職場の人間...

パートやアルバイトでも有給休暇を取ると給料がもらえるの?

正社員ではなくパートやアルバイトでも半年以上勤務すれば有給休...

20%の利益を上乗せする時の計算はどうすればいいの?

利益を出すとひとくちにいいますが、仕入れた原価に対する利益と...

スポンサーリンク


子供が言葉に詰まる「吃音」の症状とは

吃音、つまり「どもり」の症状というと、すぐに思い起こされるのは「わ、わ、わたしは……」といったように、最初の音を何度も続けて、ぎこちなく話す光景ではないでしょうか。
これは、確かに吃音なのですが、吃音のほんの一部でしかありません。ですから、吃音を理解する時に「ペ、ペ、ペットボトル」というごくごく狭い症状を思い浮かべていては、吃音のことはほとんど分からないといっても過言ではないでしょう。
上述した、最初の音節を繰り返す症状を「連発」といいます。これに加えて、伸発、ブロック(阻止)の2つを主症状として知っておく必要があります。
伸発とは、音を引きのばすことです。普通に話をする上で、「わたしは」とつなげて言うところを「わーたしは」「ペーットボトル」といった具合に音を引きのばして話してしまう症状です。
そして、吃音に悩む人が最も辛いと感じるのがブロックです。これは、3点リーダーを使って表現すると「……わたしは」「……ペットボトル」といったように音を出そうとしても、最初の一音が出ず、苦しむ症状です。
何が苦しいのかと言えば、音を出そうとしているのに出せないために、息を吸うことも吐くこともできない状況に陥るという点です。

引用元-吃音の3つの主症状 | 吃音(どもり)ガイド

子供に「吃音」の症状があるときの対処法

・吃音の子供に「ゆっくり話しなさい」と言ってはいけません。
・子供が言葉に詰まっても「言い直し」をさせてはいけません。
・子供が言葉を出す前に、「言葉の先取り」をしてはいけません。言葉の先取りとは、子供が話そうとする内容を、親が先回りして言い当ててしまうということです。

これらは全て、吃音の子供の話し方を無理に矯正しようとすることで、決してやってはいけないのです。子供は吃音を注意されると、話すことに自信がなくなり、精神的なストレスや劣等感を感じるようになります。
そして、何とか親の期待に応えようと、吃音をなくそうとして必死に頑張るのですが、1回でも吃音すると、ショックを受けたり、落ち込んだり、あまり厳しく言われると、逆に親を恨んだりするようになってしまうのです。
つまり、子供が自信を失うような言葉をかけること自体が逆効果なのです。親の心配は分かりますが、吃音を無理に治そうと注意することは、何の解決にもならないと考えて下さい。

引用元-子供の吃音を治すために、親がすべき正しい対処と治し方のアドバイス | 健康生活

子供が言葉に詰まる「吃音」は自然と治る?!

多くの場合、幼児期に現れるどもりは小学校へ入学するまでに自然と治りますが、中には学齢期を迎えても治らない子どもがいます。
学齢期のどもりは幼児期に比べて症状が悪化しやすく、治りにくい傾向にあります。
家族や身内など、ごく身近な人と接していた幼児期とは違い、学校へ通うようになると行動範囲が広がり、様々な人と接する機会が増えます。
すると、今までは普通と思っていた自分の話し方が他の子と違うことに気付いたり、同級生からどもりを指摘され、からかわれたりすることで徐々に吃音症であることを自覚するようになります。
また、吃音症は広く知られているものではないため、他の子どもだけでなく教師などの大人から注意されて気にするようになってしまうケースもあります。
そういった中で、自分の話し方をコンプレックスに感じるようになればそのことばかりを意識してしまい、余計に言葉をスムーズに発せなくなってどもりが定着→悪化→治りにくいという悪循環に陥ってしまうのです。
幼児期のどもりは誰にでもあることなので特に気にする必要はありませんが、学齢期になってもどもりがなくならず、症状がひどくなったり頻繁に現れるようであれば早急に対策を行わなければいけません。
万一、どもりが原因で学校でいじめられるような事態になってしまうと子どもはどんどん自信を失い、登校拒否や引きこもりになるばかりか最悪の場合、自殺に至る恐れもあります。
子どもが心に深い傷を負ってしまう前に、親御さんがいち早く気付いてあげること。
そして、すぐに医療機関に相談し、適切な治療を受けさせることが何より大切です。

引用元-吃音症(どもり)の原因・症状・治療法をまとめてました

子供の「吃音」の原因と治らない場合の治療法

まず、幼児期の吃音の多くは心理的要因によって発症するものが多くあります。
幼児期から小児期にかけて、子供は幼稚園や保育園への入園をきっかけに新しい環境に飛び込みます。
同世代の大勢の子供達と長い時間を共にすることで、それまでの生活には無かった刺激を受けるようになります。
子供によっては強いプレッシャーやストレスを感じることがあるでしょう。
その心理的な圧力・ストレスから吃音が発症することがあるのです。
周囲の影響を受けやすい子供だと、他の子供の吃音を無意識のうちに真似てしまう事があります。
ただ、幼稚園でも保育園でも、吃音の症状をもつ子供はさほど多くありません。
よって、このことを背景とした吃音は比較的少ない症例です。

引用元-子供の吃音治療について

医師によっては薬の処方により、吃音の症状を和らげる方法をとる場合もあります。
感情を落ち着かせるための薬としては、抗不安剤や抗うつ剤が使われます。
精神的な要因によって吃音が発症して薬の処方が必要だと考えた場合には、心療内科・精神科での受診・相談することが良いでしょう。

引用元-子供の吃音治療について

子供の「吃音」を治す為の訓練

幼児期は成長が著しい時期であり、「話す」という能力においても発達途中にあります。そのため、吃音を指摘して直させるのではなく、スムーズに話す能力をより発達させることが幼児期の吃音治療において大切なことです。
そのため、幼児期には学童期や大人が受ける治療法ではなく、あくまでもスムーズに話す経験を増やすための次に様な指導が行われます。

スムーズに話すモデルの提示や発話の誘導
「発話モデリング」と呼ばれる幼児が話しやすいモデルを示したり、与えられた課題の中で子供がスムーズに話すことができるように誘導するなどの指導を行います。その際は、スムーズに話せた時に「流暢に話せた」ということを子供にも伝えます。それによって話す自信がつくほか、再びスムーズに話すことができるように促す効果があります。

スムーズな発話体験のための環境調整
スムーズに話す経験を増やすことは、流暢に話すための脳内神経ネットワークを強くすることにつながります。それにより、吃音が消失する可能性があるため、吃音が疑われる場合はスムーズに話す体験が増えるよう環境の調整を行います。具体的には本人にさまざまな発話を体験させるほか、両親への環境調整の指導が行われます。
吃音に悩む王が、完璧に演説がこなせるようになるまでの過程を描いた映画「英国王のスピーチ」にもあるように、訓練を重ねることで吃音は乗り越えられることから、焦らずじっくり取り組むことが大切です。

引用元-吃音は幼児期の早期治療が重要!どもりの原因と吃音症治療 – マーミー

まとめ

子供が言葉に詰まる「吃音」は心理的な要因が多いのですね。子供には、これから話すことがもっともっと上手にできるようになる才能があるのですから、心理的要因で吃音が治らなくなってしまうのはもったいないですね。自然に治ることが多いようですので、親として最低限良い対処法をとっていきたいですね。

twitterの反応


https://twitter.com/_Lu1pin2/status/685792999100436480

 - 学問 教育 子育て

ページ
上部へ