鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

夜はナイト困る?!犬を散歩させる時ライトはどうする?

      2017/02/22

夜はナイト困る?!犬を散歩させる時ライトはどうする?

夜に飼い犬を散歩させていると、車や自転車がすぐ脇を通って危ない目に合ったことありませんか?犬がいることを知らせるライトもいりますが、飼い主の方も存在を車や自転車に分かってもらえるようにしないと危険です。

暗い夜道でも安心して犬を散歩させられるように、飼い主が注意するべきことは何でしょうか?そこで今回は、犬を散歩させる時のライトはどうしたらよいか調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

何が書いてある?!病院でもらう診断書の内容はどうなってる?

入学・就職の際などに、健康診断書を持参するようにいわれること...

飼い犬が病気で助からない時は安楽死を選んだらいいの?

助からない病気で愛犬が苦しんでいる姿を見るのは、飼い主には辛...

気分は地中海風?!南欧風の庭に合う植物は何があるの?

庭には、「南欧風」の庭という様式が正式にあるわけでなく、あく...

育休を取っても保育園を継続できる理由は何にする?

育児休暇中は会社を休んでいるため、子供を預けている保育園を退...

犬の散歩にはオシッコを流す水を持ち歩くのがマナーなの?

最近では飼い犬を散歩させる時に、オシッコを洗い流す水をペット...

猫がステロイドを飲む時間は朝がいいの?夜がいいの?

猫は日中に眠ってばかりいますから、夜型だとばかり思っていまし...

夜はナイト困る?!犬を散歩させる時ライトはどうする?

夜に飼い犬を散歩させていると、車や自転車がすぐ脇を通って危な...

犬のバギーは何を選んだらいいの?中型犬用バギーはあるの?

飼い犬が苦しそうだったので、病気かもしれないと急きょ自転車の...

年賀状は旦那の両親に何を書いて出したらいいの?

結婚して夫婦2人ではじめて迎えるお正月は、いろいろとお世話に...

まだ間に合うの?!年末調整の書類を訂正する注意点は何?

年末近くになると職場やバイト先で年末調整を書いて出すようにい...

灯油を服に付けてしまった時は洗濯はどうすればいいの?

寒くなって来たのでストーブを使おうと思い、灯油を入れようとし...

洗濯していい?!ドライセキユ系マークのある服はどうすれば?

衣類によっては取り扱いマークの「水洗い」がバツ印になっていて...

赤ちゃんが犬や猫の動物アレルギーでは?どうすればいい?!

犬や猫などの動物により赤ちゃんが、アレルギー症状を起こす場合...

雨の日も風の日も?!新聞配達のバイトは給料がいいの?

新聞配達のアルバイトは、朝が早いので辛くて大変そうですよね。...

会社が納めなければならない税金を滞納するとどうなるの?

個人が給料を受け取れば、所得税と住民税を納めなくてはなりませ...

ライバルに差が付く?!バスケの練習は家で何ができるの?

家の中となるとバスケットボールの練習は、ドリブルしたりシュー...

スーパーの駐車場で当て逃げされた!対応策は何がいい?

スーパーで買い物を終えて駐車場に置いてある車に戻ってみると、...

スーパーのバイトをすぐにでもやめたい!どうすればいい?

アルバイトをやめたいと思う理由は、時給が安いから、職場の人間...

パートやアルバイトでも有給休暇を取ると給料がもらえるの?

正社員ではなくパートやアルバイトでも半年以上勤務すれば有給休...

20%の利益を上乗せする時の計算はどうすればいいの?

利益を出すとひとくちにいいますが、仕入れた原価に対する利益と...

スポンサーリンク


安心して犬と散歩するのに必要なライトは2種類

夜に安心して犬と散歩するためのライトには、2種類あります。1つ目のライトは、まわりからの視認性を高めるのが目的のライトです。また、2つ目のライトは、視界の明るさを確保するのが目的のライトです。

どちらのライトも、遠方から飼い主と犬の存在を見て分かるのが目的となります。夜の散歩は、飼い主も犬も危険がいっぱいです。夜にライト無しでは自動車や自転車からは暗くて分かりません。少しは見えているだろうは単なる思い込みで、実際はギリギリまで近づいても見えていないことが多いのです。

ライトが無かったための事故として、自転車から見えなかったために、誤って散歩中の飼い主と犬のリードの間を自転車が通過しようとして転倒して大怪我をしたという事例があります。夜に事故が発生する確率は、昼間の10倍だともいわれています。そのため、飼い主と犬の存在が明確にまわりから見えるようなライトを選びたいもです。

夜に犬と散歩するのにライトがあると便利

暗くても存在をアピールできるライトには、大きく分けて3種類あります。まず犬の首輪から吊り下げるキーホルダータイプのライト。次に犬の首輪そのものが光るライト。そして、リードタイプのライトです。

その中で一番のおすすめは、リードタイプのライトです。理由としては、リードタイプのライトは、常に動きがあって遠い場所からでも視認されやすいからです。念には念をという人には、光る首輪型のライトと光るリードライトを合わせて使えば効果倍増です。

犬は、暗くても見えるので歩く時は、視界を確保してやる必要がないことをご存じでしたか?暗い夜道で視界確保が必要なのは飼い主の方で、ヘッドライトや小型のLEDライトが便利でおすすめです。

特にCREE社製ハイパワーLED「XLamp XP-E Q5」全方位型ライトは、手のひらサイズとコンパクトでも200ルーメンと明るさも確保できて文句の付けようがありません。

自転車用で犬のライトを代用してもいい

飼い犬を散歩させる道が、サイクリングロードになっている場合があります。その場合は、、多くの自転車やジョギングするする人たちとすれ違うことになります。夜の暗い中の散歩となれば、地面に近いところにいる犬は、ジョギングする人や自転車乗りの人たちに早く認識してもらえるよう、犬の首輪にライトを付ける必要があります。飼い主の中には、犬の首輪そのものが光るタイプものを付けている人もいたりします。

そんな専用のライトが無くても夜の散歩では、自転車用のライトで代用することができます。自転車用ライトは、雨などの対策がなされており、ちょっとくらい川に浸かったり水溜まりに飛び込んでも壊れない防水機能が付いています。また、自転車用ということなので、多少の振動では壊れにくいという特徴があります。これほど犬に使うのに適したライトはないと思えるほどです。

LEDライトは飼い主には欠かせない

夜に犬と散歩するのなら、夜だけに、無いと(ナイト)不便!無いと(ナイト)困る?これぐらいでダジャレは止めナイト。さて、夜に犬を散歩させる場合には欠かせないアイテムであるライトですが、より性能の優れたライトは何かと調べたことがあります。

その結果、市販されているLEDライトの性能がかなり向上していることが分かりました。かつては、ライトといえば懐中電灯で世に知られているマグライトでした。これまでLEDライトは、マグライトの性能にははまるで及びませんでした。でも、進化した最近のLEDライトは、明るさの点でも携帯性の点でもマグライトよりも優れていることが分かりました。

夜に犬と散歩するなら、安全対策には断然LEDライトがおすすめです。LEDライトは、犬の首に巻き付けて点灯させると、遠くからでもよく見えるで、暗い夜道を散歩する時は最適といえます。

おすすめのLEDライトで夜の散歩の安全対策を

LEDライトを軍用から改良して作た製品があります。それは、デンマークOrbiloc社が開発した「犬のLEDセーフティー・ライト」(sumainu)で、頑丈、防水、長寿命が大きな特徴です。オプションのマジックテープのベルト、クリップで、首輪、リード、ハーネスなどに装着して使用します。カラーはホワイト、レッド、ブルー、グリーン、イエローの5種類。ペットグッズ販売の担当者に、その性能のスゴサを聞いてみました。

「暗いところで最長5キロ先の遠距離からも犬を確認できるだけでなく、ある程度の高さから落としても、踏みつけてしまっても壊れにくい設計になっています。さらに、水深100メートル防水、水の中でも発光力が弱まることはありません。耐熱温度も50度~マイナス40度まで、LEDの寿命は40年以上と驚異的です」

まとめ

夜は暗いので視界の確保のためライトが必要なのは、犬よりもむしろ飼い主でした。また遠くからでも存在を車や自転車から認識してもらえる明るいライトを、犬も飼い主も付ける必要があることが分かりました。

twitterの反応


https://twitter.com/gahoerante_udo/status/817659717409337345
https://twitter.com/wat_feather/status/810462055509540864

 - 動物 植物 ペット

ページ
上部へ