鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

何が書いてある?!病院でもらう診断書の内容はどうなってる?

   

何が書いてある?!病院でもらう診断書の内容はどうなってる?

入学・就職の際などに、健康診断書を持参するようにいわれることがあります。また、新しく医療保険などに加入する時に必要になることもあります。私たちがもらう診断書とは、どのようなことが書かれているのでしょうか?そこで今回は、病院で書いてもらう診断書の内容について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

何が書いてある?!病院でもらう診断書の内容はどうなってる?

入学・就職の際などに、健康診断書を持参するようにいわれること...

飼い犬が病気で助からない時は安楽死を選んだらいいの?

助からない病気で愛犬が苦しんでいる姿を見るのは、飼い主には辛...

気分は地中海風?!南欧風の庭に合う植物は何があるの?

庭には、「南欧風」の庭という様式が正式にあるわけでなく、あく...

育休を取っても保育園を継続できる理由は何にする?

育児休暇中は会社を休んでいるため、子供を預けている保育園を退...

犬の散歩にはオシッコを流す水を持ち歩くのがマナーなの?

最近では飼い犬を散歩させる時に、オシッコを洗い流す水をペット...

猫がステロイドを飲む時間は朝がいいの?夜がいいの?

猫は日中に眠ってばかりいますから、夜型だとばかり思っていまし...

夜はナイト困る?!犬を散歩させる時ライトはどうする?

夜に飼い犬を散歩させていると、車や自転車がすぐ脇を通って危な...

犬のバギーは何を選んだらいいの?中型犬用バギーはあるの?

飼い犬が苦しそうだったので、病気かもしれないと急きょ自転車の...

年賀状は旦那の両親に何を書いて出したらいいの?

結婚して夫婦2人ではじめて迎えるお正月は、いろいろとお世話に...

まだ間に合うの?!年末調整の書類を訂正する注意点は何?

年末近くになると職場やバイト先で年末調整を書いて出すようにい...

灯油を服に付けてしまった時は洗濯はどうすればいいの?

寒くなって来たのでストーブを使おうと思い、灯油を入れようとし...

洗濯していい?!ドライセキユ系マークのある服はどうすれば?

衣類によっては取り扱いマークの「水洗い」がバツ印になっていて...

赤ちゃんが犬や猫の動物アレルギーでは?どうすればいい?!

犬や猫などの動物により赤ちゃんが、アレルギー症状を起こす場合...

雨の日も風の日も?!新聞配達のバイトは給料がいいの?

新聞配達のアルバイトは、朝が早いので辛くて大変そうですよね。...

会社が納めなければならない税金を滞納するとどうなるの?

個人が給料を受け取れば、所得税と住民税を納めなくてはなりませ...

ライバルに差が付く?!バスケの練習は家で何ができるの?

家の中となるとバスケットボールの練習は、ドリブルしたりシュー...

スーパーの駐車場で当て逃げされた!対応策は何がいい?

スーパーで買い物を終えて駐車場に置いてある車に戻ってみると、...

スーパーのバイトをすぐにでもやめたい!どうすればいい?

アルバイトをやめたいと思う理由は、時給が安いから、職場の人間...

パートやアルバイトでも有給休暇を取ると給料がもらえるの?

正社員ではなくパートやアルバイトでも半年以上勤務すれば有給休...

20%の利益を上乗せする時の計算はどうすればいいの?

利益を出すとひとくちにいいますが、仕入れた原価に対する利益と...

スポンサーリンク


病院でもらう「診断書」とはどのようなもの?

「診断書」とは、医師が証明書として患者につい記す文書をいいます。患者の病気の症状や怪我などについて、手術などの方法などについて、また、どれくらいの期間の入院が必要かやどれくらい治療時間か見込まれるかなどについてを証明するために「診断書」を発行します。その他にも死亡診断書のようなものもあります。また、医療保険の手続きをするために必要とすることもあります。
作成ができるのは医師に限られており、薬剤師や看護師など人たちや一般の人たちが作成すると処罰されれることになります。

病院でもらう診断書はどんな場合に要るの?

診断書は、生活の中のさまざまな局面で用いられています。そして、書式も使われ方も発行の手続きの方法も違っています。そこで診断書には、どのようなものがあるかをあげてみることにします。

・就職や入学などで健康状態を知るためのもの

・病気や怪我で入院や治療を受けた時、会社や学校に提出するもの

・交通事故にあった時、警察に提出するためのもの

・傷病手当・労災保険の給付を受けるため保険組合などにへ提出をするためのもの

・身体障害者手帳や難病指定の書類の申請のためのもの

・生命保険会社へ提出するためのもの

診断書の内容は何が書かれているの?

診断書は、病気や怪我について医師が診断名などの事項を記して証明をする文書のことです。いつからいつまで入院した、あるいは治療したということを記載したりしています。その内容は、病院や保険会社などによって異なりますが、主に次のような事項があげられます。
 
①患者について
②これまでにかかった病気
③診断名と発症日
④主訴および初診時の所見
⑤病状経過
⑥手術名と手術日
⑦処方の内容
⑧入院の期間
 
これらは、どれも共通して記載されています。診断書は、必要項目を記入し、証明をするという意味の印鑑を押して完成となります。

発行してもらうための手続きはどうすればいい?

診断書がほしい場合に、発行してもらえるまでの手続きは、病院によって異なって来ます。

まず、クリニックなどの小さな診療所の場合は、医師が診察中にその場で作成してくれる場合がほとんどです。一方で、総合病院や大学病院などの大病院では、各種証明書を発行する専門の窓口があるので、そこで申し込みの手続きをします。通常こういったところでは、発行まで何日間もかかるため、緊急にほしい場合には不向きだといえます。(郵送してもらって受け取ることもできる)どうしても急いでいてその日のうちにもらいたい場合や、書いてもらう事柄を詳細に伝えたい場合は、医師がすぐその場で書いてくれるところを探すのが得策です。

費用はどれくらい?内容によっては料金が違って来る?

診断書にかかる費用は、保険がきかないため病院によって金額が違います。通常の金額は、3,000円から8,000円ぐらいです。とある調査によると、料金の全国平均は4,727円で、一番低い金額は1,050円、高い金額は15,750円だったとのことです。発行するまでにかかる時間も病院によって違って来ますが、およそ2週間ぐらいかかると思われます。

診察した医師が作成をすることになっており、医師は診療の暇を見ていくつかを作成しなければなりません。そのためにある程度の時間がかかるのも仕方のないことだと思われます。ただ、すぐに会社を休まなくてはいけない時などで、記載する事項も簡略化できるケースでは、その日に受け取ることができる場合もあります。

まとめ

病院で発行される診断書は、用途や提出先によって書かれている内容や料金が違うことが分かりました。

twitterの反応

 - 人生 社会

ページ
上部へ